現在の位置

避難行動要支援者について

高齢者や障がい者、乳幼児や妊産婦、日本語を十分理解できない外国人など、特に配慮を必要とする人を「要配慮者」と呼び、そのうち災害発生時に自力での避難が困難で、第三者の手助けが必要となる人々を「避難行動要支援者」と呼んでいます。
地域で協力しあいながら、近所の高齢者、障がいのある方などの安否確認、避難所への移動を支援しましょう。

高齢者・病人

高齢者・病人はおぶって安全な場所まで避難しよう
  • おぶって安全な場所まで避難する。
  • 複数の介助者で対応する。

目の不自由な方

目の不自由な方に声をかけ情報を伝えよう
  • 声をかけ情報を伝える。
  • 誘導する場合は、杖を持った方の手には触れず、ひじのあたりを軽く持って、半歩手前をゆっくり歩く。

肢体の不自由な方(車椅子)

車椅子の方の移動には、階段では2人以上が必要。上がりは前向き、下りは後ろ向きにして移動しよう。
  • 階段では2人以上が必要。上がりは前向き、下りは後ろ向きにして移動する。
  • 介助者が1人の場合、ひもなどを用意し、おぶって避難する。

耳の不自由な方

耳の不自由な方に話すときは口をハッキリと開け、相手にわかりやすいようにしよう。
  • 話すときは、口をハッキリと開け、相手にわかりやすいようにする。
  • 手話、筆談、身振りなどの方法で正確な情報を伝える。

避難行動要支援者名簿登録制度

東日本大震災の教訓を踏まえ、災害対策基本法が改正され、市町村に「避難行動要支援者名簿」の作成が義務付けられました。

本町でも法律に基づき、名簿の作成を行っています。

避難行動要支援者名簿登録 -災害から自分の身を守りましょうー

ページの先頭へもどる