現在の位置

非常持ち出し品・備蓄品の用意

いざという時は、ただちに避難しなければなりません。そのような時に備えて、非常持ち出し品などを常備しておきましょう。両手が自由に使えるようにリュックサックなどにまとめましょう。 チェックリストがついていますので、自宅の持ち出し・備蓄品のチェックをしてみましょう。

非常持ち出し品チェックリスト

持ち出し品を欲張りすぎると避難が大変です。目安は男性で15キログラム、女性で10キログラム程度です。

食品関係

乾パン、缶詰など火を通さないでも食べられる物やミネラルウォーターなど。

飲料水、乾パンなどの非常食
  • 飲料水
  • 非常食

救急・安全関係

絆創膏、傷薬、包帯、病人やお年寄りの常備薬など。

消毒薬、ガーゼ、包帯など
  • 消毒薬・常備薬
  • 脱脂綿・ガーゼ
  • 包帯・絆創膏

貴重品

現金、権利証書、預貯金通帳、免許証、健康保険証、印かん、クレジットカード・キャッシュカード類など。

通帳、印鑑、保険証、カード類など
  • 現金
  • 貯金通帳・印かん
  • 保険証・免許証・証書類
  • カード類

日用品

懐中電灯、ラジオ、電池、ライター、ナイフ、缶切り、ビニール袋、ティッシュペーパーなど。

懐中電灯、携帯ラジオ、電池など
  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 電池
  • ローソク
  • マッチ・ライター
  • ナイフ・缶切り
  • ビニール袋
  • ティッシュペーパー

衣類など

下着、上着、タオル、毛布、手袋など。

衣類、手袋、タオルなど
  • 衣類
  • 下着類
  • 毛布
  • 軍手(手袋)
  • マスク
  • ヘルメット(防災頭巾)
  • カッパ

その他

歯ブラシ、石けん、ほ乳びん、紙おむつ、メガネなど。

粉ミルク、おむつ、ほ乳瓶など
  • 歯ブラシ
  • 石けん
  • 紙おむつ
  • 粉ミルク・ほ乳瓶
  • つえ・ロープ

非常備蓄品

非常備蓄品とは、災害復旧までの数日間(最低3日分)自ら生活できるように準備しておくものです。

食品

米(缶詰やレトルトのごはんなども便利)、缶詰、菓子類、梅干しや調味料など

飲料水は1人1日3リットルを目安に。沸かしてから飲む。

燃料

卓上コンロ、固形燃料、予備ボンベなど。

お年寄り・乳幼児用食品

粉ミルクや離乳食、流動食、おかゆなど。

ページの先頭へもどる