現在の位置

老人医療(一部負担金相当額等一部助成)制度

町では、65歳以上で下記に該当する人に老人医療(一部負担金相当額等一部助成)証を交付しています。

助成の対象

医療保険に加入している65歳以上の人のうち

  • 特定疾患対象者、結核予防法、精神保健および精神障がい者福祉に関する法律に基づく医療を受けている人
  • 障がい者医療助成対象の人
  • ひとり親家庭等医療助成対象の人

上記のいずれかに該当する人が対象で、所得制限があります。

助成の内容

保険診療の自己負担分を助成します。
ただし、一部自己負担金が次のとおり発生しますので、以下の金額につきましては医療機関の窓口でお支払いください。なお、院外処方箋により薬局を利用した場合は、自己負担はありません。

  • 医療機関で受診されたとき、1日500円を限度に1医療機関(同じ医療機関でも歯科及び入院と通院は別計算)ごとに、1か月2日まで(最高1,000円)

1か月に窓口で支払った自己負担額の合計が2,500円を超えた分は、申請に基づき審査のうえ、後日給付します。

医療機関で受診される場合

健康保険証と老人医療(一部負担金相当額等一部助成)証を診療機関で提示していただくことで助成を受けることができます。ただし、大阪府以外では使用できません。大阪府以外で受診されたときは下記の「申請による医療費の償還払い」をご覧ください。

申請による医療費の償還払い

大阪府以外、または医療証を提示できずに受診したときなどは、いったん医療機関の窓口でお支払いいただき、後ほど町へ申請していただくことにより健康保険の自己負担分の一部を還付します。
申請に必要なものは以下のとおりです。

  • 領収書(氏名・受診年月日・保険点数等を記載したもの)
  • 老人医療(一部負担金相当額等一部助成)証
  • 健康保険証
  • 振込先の口座番号がわかるもの(通帳など)
  • 印かん

注意:請求は月単位で行ってください。

お問い合わせ先
太子町健康福祉部保険医療課
電話:0721-98-5516
ファックス:0721-98-2773
メールを送信する

ページの先頭へもどる