現在の位置

 『和をもって健やかとなす!』 第3次健康太子21 を策定

第3次健康太子21がめざすもの

太子町では、みんなが支えあい、健康で()()きと暮らす、笑顔いっぱいの町をめざし「和をもって健やかとなす!」第3次 健康太子21 笑顔いっぱいプロジェクト を策定しました。この計画は、これまで対象としてきた健康増進計画に食育推進計画を加えて一体的な計画とし、健康づくりと食育推進の基本的な方向性を示しております。さらに、住民発意による実効性の高い取り組みである「笑顔いっぱいプロジェクト」を実施するなど、住民と行政の協働に重点を置いた計画としております。

中長期的な計画のもと、健康への意識を小さい頃から持って頂き、住民のみなさまの健康寿命の延伸と健康格差の縮小、更には生活習慣病の発症予防と重症化予防に取り組んで参ります。

計画の大目標

『みんなが支えあい、健康で生き活きと暮らす、笑顔いっぱいの町にしよう! 』

スローガン

「和を以って貴しと為す」といわれた聖徳太子の心を大切に、みんなが支えあうことで、自らの健康と家族の健康、そして地域みんなの健康を守り育むといった願いを込めて、太子町にふさわしいスローガンをもって、健康づくりと食育活動に取り組みます。

 『和をもって健やかとなす!』

5つの基本方針のもとに取り組みます

大目標の『みんなが支えあい、健康で生き活きと暮らす、笑顔いっぱいの町にしよう』をめざすために、以下の基本方針のもとに取り組みます。

1. 糖尿病予防から、みんなの生活習慣病を予防しよう

多くの合併症の原因になる糖尿病ですが、糖尿病の予防を行うことをきっかけに、生活習慣の多面的な改善につなげます。

太子町では、健診結果において糖尿病検査で要指導・要医療の人が6割を占めています。また、医療費や死亡比をみても大阪府内では、上位に位置しています。そのため、糖尿病を健康課題と捉え「みんなで減らそう糖尿病」というスローガンをかかげ、生活習慣の改善を図るための対策として『笑顔いっぱいハッピープロジェクト』を展開しています。あらゆる機会に糖尿病をテーマに啓発するとともに、健康診査後の結果を大切にし、個人に対しての支援にも力を入れます。すなわちポピュレーションアプローチとハイリスクアプローチをともに進めています。まずは、糖尿病に関心をもち、次に自分や家族の生活習慣を見つめ、意識改善を行い、生活習慣病の改善につなげていく、この行動変容を糖尿病から循環器疾患やCOPD、がん予防にも広めていくことを目標としています。                              

・ポピュレーションアプローチとは、健康障害を引き起こす危険因子を持つ集団全体に対して働きかける方法や環境整備をポピュレーションアプローチと呼びます。

・2 ハイリスクアプローチとは、 健康障害を引き起こす危険因子を持つ集団のうち、危険度がより高い者に対して、その危険度を下げるよう働きかけをして病気を予防する方法をハイリスクアプローチと呼びます。       

・3 COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは、長期の喫煙によってもたらされる肺の炎症性疾患で、せき、たん、息切れの症状が見られ、ゆっくりと呼吸障害が進行する。慢性気管支炎や肺気腫などが含まれる。

2. 未来のために、子どもと子育て世代の健康意識を育もう

生涯をつうじ、健康的な生活を送るためには、子どものころから健康的な生活習慣を身につけることが重要です。

太子町では、妊娠期からの健康づくりを意識して、母子手帳の交付及び、こんにちは赤ちゃん訪問などを町立保健センターで行い、孤立しない育児や親子の健康づくりを支援してきました。今回計画策定時に行ったアンケートでは、朝食の欠食や睡眠時間が十分でないなど小・中学生における食・生活リズムの課題が見えてきました。本計画では、保育園や幼稚園・小中学校と連携しながら、子ども自身の意識向上と子育てをつうじた大人への意識改善の波及効果を図り、家族・家庭の健康づくりを支援していきます。

3. コミュニケーションを楽しみながら、健康づくりに取り組もう

仲間との交流を楽しむことは心のバランスを取ることにつながります。また、普段の生活において近親者や専門家との会話は自身の健康状態の変化に気付くきっかけにもなります。太子町では住民のみなさまとのコミュニケーションを大切にするために、保健師の地区担当制を取り入れた保健事業を行っています。今回の調査では、地域のつきあいが必要だと思っている人が多い反面、地域活動への参加が少なくなっていました。本計画では、みんなが楽しみながら健康づくりができる『たいしくんスマイル事業』を、町会・自治会を中心に展開しながら、地域での絆を深められるように地区担当制による利点を生かし、地域をつなぐ健康づくりを展開していきます。

4. いつまでも()()きと、生きがいを持って暮らそう 

人生の各ライフステージにおいて、目標や生きがいを持つことは、心のうるおいにつながるだけでなく、健康への意識向上にもつながります。太子町では、2025年には65歳以上人口が28.4%と見込まれ、うち介護が必要となる高齢者の割合が23%(855人)との推計が出ています。『活動的な85歳』をめざし、高齢者の社会での役割づくりや趣味を通した活動と、地域の行事や祭りなどに参加する小中学生が5割以上と多い太子町ならではの、世代間をつなぐ交流や活動ができるように支援していきます。

5. 「食」を大切に思うこころを、地域と一緒に育て、健康づくりの基礎をつくろう

「食」は地域の文化や豊かな人間性を育むとともに、健康づくりの基礎となります。太子町は、町域の30%を田畑が占めている、緑豊かな自然環境に恵まれた町ですが、近年では農家の減少とともに、耕作放棄地の増加が課題となっています。この恵まれた環境、地域を生かして、関係機関や住民のみなさまとともに、大地や作物を大切に育てるように、「食」を大切にするこころを育てていきます。 

 太子町が特に力を入れて取り組むこと

1.住民と行政の協働のあり方の検討

住民活動の立ち上げ支援やトライアルの実施支援、地区住民の取り組みに焦点を当てた情報発信などを通して住民主体の健康づくり・食育推進のプロジェクトの推進を図ります。また、住民・行政の役割分担や役場内関係各部署の連携のあり方などを整理しながら、今後の協働による健康づくりの取り組みモデルを構築します。

本計画では、健康づくり・食育推進のモデル的な活動として、住民が楽しみながら、行政との協働により、重点的に展開していく取り組みである以下の5つを「重点プロジェクト(笑顔いっぱいプロジェクト)」として定めています。

 ★ウォーキングコース発見プロジェクト【ウォーキンググループ】

 ★太子町町歌でTVに出るぞプロジェクト【軽い運動グループ】

 ★味噌を食べて元気になる(^O^)プロジェクト【地産地消グループ】

 ★太子の大地と子どもを育てるプロジェクト【農業体験グループ】

 ★健康と笑顔のWAプロジェクト【情報発信グループ】

注意:詳しくは、下記添付ファイル『第3次健康太子21 概要版』をご覧ください。

2.住民の活動と連携した『たいしくんスマイル事業』の新たな展開    

住民が主体となり取り組む健康づくり・食育推進の活動に対して、マイレージ対象事業として町が認定することで、たいしくんスマイルポイントを発行し、住民の主体的な健康づくり・食育促進を促します。

また、町会・自治会の健康づくり・絆づくりを応援し、たいしくんスマイル事業による地域の活性化を図ります。

3.糖尿病対策を軸とした多様な健康支援

糖尿病は多くの合併症を引き起こす原因であると同時に、糖尿病予防は他の疾病の予防にもつながります。太子町では糖尿病予防を軸として、食生活や運動習慣、喫煙・飲酒など多様な分野の保健指導・健康支援を進めていきます。

妊娠期から見守る・支援する親子の健康づくり

疾病の予防だけでなく、正しい知識を身につけたり、親子の孤立を防ぐことが親子の健康づくりにつながります。太子町では、生まれる前から子どもの成長と子育てを切れ目なく支援することで、親子の健康づくりを進めていきます。

 

第3次 健康太子21 表紙

第3次健康太子21 概要版(PDF:1.9MB)

住民のみなさまと取り組んでいく、『笑顔いっぱいプロジェクト』を中心に、計画書の概要を簡単にまとめています。

第3次健康太子21 第1章ー第3章(PDF:2.4MB)

第3次健康太子21 第4章ー第5章(PDF:1.9MB)

第3次健康太子21 資料(PDF:1.8MB)

健康で笑顔いっぱいの町にしましょう

太子町では、第3次健康太子21をもとに、今後5年間健康づくりと食に関する取組を進めていきます。みなさまからのご意見を大切にお聞きしながら、一緒に取り組んでいきますので、お気づきの点がございましたらご連絡ください。

また、町立保健センターでは、『たいしくんスマイル』や『笑顔いっぱいプロジェクト』他、色々な取り組みの情報をホームページで発信していきますので、ご参加のほどよろしくお願いいたします。

健法17条

お問い合わせ先
太子町健康福祉部健康増進課(町立保健センター)
電話:0721-98-5520
ファックス:0721-98-3600
メールを送信する

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる