現在の位置

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受けられるみなさまへ 

子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません

接種に当たっては、有効性リスクを理解した上で接種を受けてください。

平成25年6月14日に厚生労働省から、子宮頸がん予防ワクチンについて、予防接種の積極的な勧奨を当面の間差し控えるよう勧告がありました。

これは厚生労働省において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な激しい痛みなどがワクチン接種後に特異的に見られたことから、適切な情報提供ができるまでの間、積極的に勧奨すべきではないとされたためです。

この勧告を受けて本町でも、接種対象者への個別通知およびその保護者への積極的な勧奨を差し控えることとしました。

ただし、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を中止するものではありませんので、対象者の人で特に接種を希望する場合は、これまでどおり定期接種として接種できますが、下記のリーフレットを参考にしていただくとともに、医療機関などへご相談ください。

厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチンのページ

ページの先頭へもどる