現在の位置

高齢者の障がい者控除対象者認定書

障がい者手帳などの交付を受けていない人であっても、65歳以上で、寝たきりや認知症の状態が一定の基準に該当し、「身体障がい者、または、知的障がい者に準ずる」と認められるときは、所得税や住民税の障がい者控除を受けることができます。

確定申告などで、この控除の適用を受けようとするときは、町が発行する「障がい者控除対象者認定書」が必要になります。

申請の手続き

高齢介護課へ申請書をご提出ください。

後日審査のうえ証明書を発行します。

認定方法

基準日(平成29年12月31日)より以前で、直近の要介護認定の記録による審査などを行い認定します。

次のいずれかに該当する人は、申請する必要はありません。

・すでに身体障がい者手帳などの交付を受けている人

・障がい者控除前で、すでに非課税の人

・過去にこの認定を受けたことがある人(ただし、障がい事由に変更がない場合に限ります)

お問い合わせ先
太子町健康福祉部高齢介護課
電話:0721-98-5538
ファックス:0721-98-2773
メールを送信する

ページの先頭へもどる