現在の位置

就学指定校(小学校)の変更制度(町立小学校通学区域の弾力化)

町立小学校に就学する場合、町内でお住まいの現住所により就学する学校(指定校)が決められています。
指定校の変更は、その対象とする基準に該当する場合で相当と認められるとき、保護者からの申立により指定校以外の町立小学校へ就学することができる制度です。
ただし、指定校の変更はすべてが希望どおり認められるものでは有りません。
指定校の変更を希望される保護者は、変更を希望される期日の前にできるだけ早く教育総務グループへご相談ください。

町立小学校の指定校変更の対象とする基準

転居(住宅の新築、購入等による)関する理由

  • 最終学年の第2学期以降に転居することとなり、引続き卒業まで在籍校への通学を希望する。
  • 入学年度の途中(第1学期末まで)、又は学期(入学年度第1学期除く)初めから概ね1ヶ月以内での転居が決定している為、あらかじめ転居先にある学校への通学を希望する。
  • 第1・2学期終了前2週間以内、又は各学年(最終学年除く)の3月1日以降に転居することとなり、引続き学期又は学年終了まで在籍校への通学を希望する。
  • 住宅の改築等に伴う転居(仮住まい)であり、引続き在籍校への通学を希望する。

教育的配慮を必要とする理由

  • いじめや不登校などにより指定校の変更を希望する。
  • 災害、その他真に教育的配慮が必要と認められる。

受付

申請受付は、新入学児童については就学通知(就学する年の1月中に送付します。)により就学校の指定を受けてから2月末までの間とし、新入学児童でない場合は随時受付けるものとします。尚、申請は所定の用紙(申請用紙は教育総務グループでお渡ししますが、印鑑が必要となります。)により行なっていただきますが、それぞれの申請理由に応じた添付書類を必要とします。

お問い合わせ先
太子町教育委員会事務局教育総務課
電話:0721-98-5533
ファックス:0721-98-4514
メールを送信する

ページの先頭へもどる