現在の位置

西国巡礼と竹内街道の企画展示

秋季企画展「観音開帳ー竹内街道と西国巡礼の歴史ー」

町の大阪府指定民俗文化財「西国三十三度行者関連資料」は西国巡礼と関わる中近世の庶民信仰の様子を今に伝える貴重な資料として、近年注目されています。

展示では、この資料と太子町の西国巡礼の遺跡を紹介し、本年開創千三百年を迎えた西国巡礼と昨年日本遺産に認定された竹内街道をつうじて太子町の豊かな歴史にふれて頂く機会とします。

とき

9月29日(土曜日)~12月2日(日曜日)

月曜日は休館。ただし、祝日の場合は開館します。

町立竹内街道歴史資料館開館カレンダー

ところ

町立竹内街道歴史資料館 第2展示室

太子町立竹内街道歴史資料館

入場料

大人200円、高大学生100円、小中学生50円

20人以上の団体は2割引き

本展期間中、当月の広報太子をお持ち頂くと2人まで1回限り無料で入館できます。また、町内在住の小学生も無料で入館できます。

展示資料

西国三十三度行者資料と太子町の西国巡礼に関する各種資料など約50点

主な展示資料

西国三十三所観音本尊掛軸 三幅/個人

葉室組 御背板/個人

花山院御遺物順礼縁起割符/個人

花山院家評定衆連署状/個人

仏眼寺譲證文之事/ 個人

足利義満山田下庄田畠寄進状/個人

畠山基国禁制状/個人

御法流三十三度行者過去帳/個人

お問い合わせ先
太子町立竹内街道歴史資料館
電話:0721-98-3266
ファックス:0721-98-3279
メールを送信する

ページの先頭へもどる