現在の位置

竹内街道歴史資料館友の会総会記念講演

講演内容

太子町には、聖徳太子御廟や推古天皇陵に代表されるように7世紀の古墳が多く営まれました。7世紀、日本は大化の改新など大きな時代の変革があった時代で、古墳にも薄葬としてその影響が現れます。講演では横口式石槨という新しい構造の古墳と、646年に出されたとされるいわゆる大化の薄葬令との関わりから、その被葬者像にも迫ります。

推古天皇陵

推古天皇陵

テーマ

大化の薄葬令(はくそうれい)と終末期古墳

講師

塚口義信氏(堺女子短期大学名誉学長)

とき

4月22日(土曜日)

午後1時30分~3時30分

受付は午後1時15分から

ところ

町立万葉ホール(太子町大字山田88番地)

定員

80人(先着順)

参加費

200円(資料代など)

注意:竹内街道歴史資料館友の会会員及び観光ボランティアガイド「太子・街人の会」会員は無料

申込

4月21日金曜日までに、町立竹内街道歴史資料館へ電話でお申込みください。

受付時間は午前9時30分~午後5時
月曜日・火曜日及び祝日の翌日は休館

主催

・竹内街道歴史資料館友の会
・観光ボランティアガイド「太子街人の会」
・町立竹内街道歴史資料館

関連リンク

町立竹内街道歴史資料館開館カレンダー

お問い合わせ先
太子町立竹内街道歴史資料館
電話:0721-98-3266
ファックス:0721-98-3279
メールを送信する

ページの先頭へもどる