現在の位置

4月は「AV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間」です

女性に対し、本人の意に反して、いわゆるアダルトビデオへの出演を強要する問題や、いわゆる「JKビジネス」と呼ばれる営業により、児童が性的な被害にあう問題は、「女性に対する暴力」に当たる重大な人権侵害です。

国では、年度当初は進学、就職等に伴い若年層の生活環境が大きく変わり、こうした被害にあいやすくなることから、4月をAV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間と定め、必要な対策を集中的に行っています。

内閣府男女共同参画局 若年層を対象とした性的な暴力の啓発 ホームページ(外部リンク)を見る

主な相談窓口

大阪府警察 各種相談窓口 のホームページ(外部リンク)を見る

日本司法支援センター(法テラス) のホームページ(外部リンク)を見る

性暴力救援センター大阪SACHICO(性暴力被害者のためのワンストップ支援センター) のホームページ(外部リンク)を見る

法務省 女性の人権ホットライン のホームページ(外部リンク)を見る

法務省 子どもの人権110番 のホームページ(外部リンク)を見る

大阪府女性相談センター のホームページ(外部リンク)を見る

大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター) 女性の悩み相談 のホームページ(外部リンク)を見る

大阪府 大阪府内の配偶者暴力相談センター のホームページ(外部リンク)を見る

内閣府男女共同参画局 DV相談ナビ のホームページ(外部リンク)を見る

被害防止月間啓発リーフレットを見る(PDF:1.3MB)

お問い合わせ先
太子町総務部住民人権課
電話:0721-98-5515
ファックス:0721-98-2773
メールを送信する

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる