現在の位置

仏陀寺古墳【府指定史跡】

仏陀寺古墳

仏陀寺古墳は、二上山から産出する凝灰岩を刳り貫いて造られた横口式石槨をもつ古墳で、中大兄皇子と共に大化改新を実行した蘇我倉山田石川麻呂の墓と伝えられています。改新政権では右大臣となった石川麻呂ですが、密告により謀反の疑いをかけられ、氏寺の山田寺で一族と共に自害しました。太子町には、この他にも蘇我氏に関わる伝承などが多く伝えられており、蘇我氏と関係の深い地域であったと考えられています。

地図

ページの先頭へもどる