現在の位置

鎌田邸の楠【府指定天然記念物】

鎌田邸の楠

樹高は25メートル以上、目通し径6メートル、枝張りは東西23メートル、南北21メートルをはかるまれにみる楠の巨木です。竹内街道を歩いていると、春日の集落の中にそびえるこのくすは、一目でわかります。くすのある鎌田家は、春日村の庄屋をつとめた名家です。昭和49年に大阪府の指定天然記念物となりました。

地図

関連リンク

鎌田邸の楠

ページの先頭へもどる