現在の位置

科長神社

科長神社

科長神社は、平安時代の『延喜式』という書物に記録された、いわゆる式内社と呼ばれる由緒のある神社で、級長津彦命(しながつひこのみこと)、級長津姫命(しながつひめのみこと)など8柱を祀るために、八社大明神とも呼ばれています。毎年7月24日から30日の間の日曜日の例祭には、神輿と地車5台が出されて賑わいます。
社宝には神功皇后が使用したと伝える雛形の小さな兜があります。

地図

関連リンク

科長神社夏祭り

科長神社

ページの先頭へもどる