現在の位置

推古天皇陵

推古天皇陵

推古天皇は、西暦593年、日本最古の女帝として即位されました。死後、その遺言によって、先に亡くなられた御子、竹田皇子と一緒に葬られたとされています。現在、推古天皇陵と伝えられる御陵は、太子町山田の南端にある東西59メートル、南北55メートルの大方墳です。

地図

関連リンク

推古天皇陵

ページの先頭へもどる