現在の位置

通知カード・個人番号カード

住所・氏名が変わったときは、通知カード、マイナンバーカード(個人番号カード)の記載事項も変更が必要です

  • 個人番号の「通知カード」、「マイナンバーカード(個人番号カード)」、「住民基本台帳カード」の記載事項を変更する必要があります。
  •  「通知カード」に添付されていた「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」は使用できなくなります。改めて新しい住所地の市町村で申請書の発行を受けてください。
  •  既に「マイナンバーカード(個人番号カード)」を申請し、まだ受け取っていないうちに住所・氏名が変更された場合、「マイナンバーカード(個人番号カード)」は失効します。改めて、新しい住所地の市町村で申請書の交付を受け、申請しなおす必要があります。
  •  「マイナンバーカード(個人番号カード)」または「住民基本台帳カード」の電子証明書は失効します。電子証明書の利用を希望される場合は、新たに申請が必要になります

通知カードのイメージ

通知カードのイメージ

「マイナンバーカード(個人番号カード)」の交付が始まりました

マイナンバーカード(個人番号カード)とは

  • マイナンバーカード(個人番号カード)は、ICチップのついたプラスチック製のカードで、表面に氏名、住所、生年月日、性別、顔写真が掲載され、裏面にマイナンバー(個人番号)が記載されます。
  • 本人確認書類として使えるほか、e-Taxなどの電子申請が行える電子証明書も標準搭載されます。

個人番号カードのイメージ

個人番号カードのイメージ

マイナンバーカード(個人番号カード)の交付を受けるために

  • 通知カードと一緒に送付される交付申請書を郵送するなどして、交付を受けることができます。申請は任意ですので、必ず申請しなければならないものではありません。
  • マイナンバーカード(個人番号カード)の交付には、申請から、おおむね1か月から2か月を要します。
  • マイナンバーカード(個人番号カード)は太子町役場に届きます。役場に届いたことをお知らせする通知を申請者にお送りしますので、その内容をご確認頂いて、住民人権グループまで受け取りに来てください。
  • マイナンバーカード(個人番号カード)を受け取るときは、引き換えに通知カードを返納します。
  • 住民基本台帳カードを持っている人は、マイナンバーカード(個人番号カード)を受け取るときに、住民基本台帳カードも返納します。
  • 個人番号カードの有効期限は、20歳以上の人は10年(10回目の誕生日)、20歳未満の人は5年(5回目の誕生日)です。
  • 個人番号カードは紛失しないように大切に保管してください。再交付を受けるときには手数料が必要な場合があります。
  • 個人番号カードの交付を受けたあと、住所、氏名などに変更があった場合は、変更手続が必要です。

制度開始直後は、申請が集中するため、申請から交付までに時間がかかることが予想されます。

個人番号カード交付申請書のイメージ

個人番号カード申込書のイメージ

個人番号カードの申請方法と申請の流れ(個人番号カード総合サイト・外部リンク)を見る

個人番号カードの受け取り(個人番号カード総合サイト・外部リン)を見る

お問い合わせ先
太子町住民室住民人権グループ
電話:0721-98-5515
ファックス:0721-98-2773
メールを送信する

ページの先頭へもどる