現在の位置

太子町男女共同参画推進条例

太子町男女共同参画推進条例を制定しました

太子町では、男女共同参画の推進を主要な施策と位置づけ、町、住民、教育関係者及び事業者が協働して、男女共同参画のまちづくりに取り組むため「太子町男女共同参画推進条例」を制定しました。

この条例は平成26年4月1日から施行しています。

条例の構成

 前文

 第1条 目的

 第2条 定義

 第3条 基本理念

 第4条 町の責務

 第5条 住民の責務

 第6条 教育関係者の責務

 第7条 事業者の責務

 第8条 性別による人権侵害の禁止

 第9条 公衆に表示する情報に関する留意

 第10条 推進計画の策定等

 第11条 施策の策定等に当たっての配慮

 第12条 広報及び啓発

 第13条 積極的格差改善措置

 第14条 推進体制の整備等

 第15条 苦情等及び相談

 第16条 委任

 附則

なぜ条例が必要なの?

これまで、太子町では、男女共同参画の実現のため、時代の変遷に沿った様々な施策に取り組んできました。しかし、性別による固定的な役割分担意識や偏った社会通念も依然として根強く残っており、一層の努力が必要といえます。

このような状況を改善するためには、町、住民、教育関係者および事業者の皆さんと連携、協力して、男女共同参画のまちづくりに取り組むことが不可欠です。そのために、「太子町男女共同参画推進条例」を制定しました。

条例の基本となる考え方(7つの基本理念)

第3条では、条例の基本となる考え方について規定しています。次に掲げる事項を基本理念として男女共同参画の推進を行います。

(1)個人としての能力が発揮できる機会の確保

男女の個人としての尊厳が重んじられること、男女が直接的または間接的であるかを問わず性別による差別的取扱いを受けないこと、男女が個人としての能力を発揮する機会が確保されること、その他の男女の人権が尊重されること。

(2)あらゆる人の人権の尊重

男女の性別にとどまらず、性同一性障害を有する人その他あらゆる人の人権についても尊重されること。

(3)社会制度や慣行についての配慮

性別による固定的な役割分担意識等に基づく社会制度及び慣行は、男女の社会における活動の自由な選択に対し影響を及ぼすことのないよう見直されること。

(4)方針の立案や決定の場への共同参画

町における施策または事業所若しくは各種の団体における方針の立案及び決定に、男女が対等に参画する機会が確保されること。

(5)家庭生活における活動と他の活動との両立

家族を構成する男女が、相互の協力と社会の支援の下に、ともに家事、育児、介護等の家庭生活における活動を協力して担うとともに、職場、学校、地域その他の社会生活における活動に対等に参画できること。

(6)性に関する相互理解と尊重及び生涯にわたる健康

男女が、対等な関係の下に互いの身体的特徴及び心身の変化について理解を深め、妊娠、出産その他の性と生殖に関する事項について互いの意思を尊重するとともに、生涯にわたり健康な生活を営むことができるよう配慮されること。

(7)国際的協調

男女共同参画の推進に向けた取組は、国際社会における取組と協調して行うこと。

太子町男女共同参画推進条例 条文

 

太子町男女共同参画推進条例 条文(WORD:41.5KB)

太子町男女共同参画推進条例 パンフレット(PDF:2.3MB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へもどる