マスク不足を解消  ~簡単手作りマスクの作り方~

更新日:2020年04月17日

洗えるフェルト(布)マスクの作り方

100円ショップなどで販売されている「洗えるフェルト」を使った布マスクの作り方をご紹介します。

ガーゼ生地やマスク用ゴムが手に入りにくい場合の代用品として簡単に作れるマスクです。

マスクゴムが不要で、一か所縫うだけで完成します。手縫いでも大丈夫です。

お子様用は、添付している型紙を縮小コピーして調整できます。

汚れたら、洗うこともでき、小さくなりません。一度お試しください。

1.型紙

裏面に厚紙などを貼って補強すると使いやすく、フェルトに転写しやすいです。

2.型紙を切りぬく。

耳の穴の大きさはお好みで調整してください。穴を伸ばすと耳にかけるサイズにすることができます。

3.袋から取り出し、上下に広げます。この時、縦を長く、横を短く広げてください。

4.布を折る

左右を中央に向かって半分に折ります。

6.型紙で型を取る

型紙は、左右交互に反転させて型を取るようにします。同じ方向に並べるとマスク10枚分は作れません。

型紙を置く

5.固定する

左右から折った後は、マチ針(クリップ等)で固定します。折る方向を間違えると1枚で10枚分の下書きができなく

なるので注意してください。

7.布に型を書く

ペンなどで二枚を重ねた布(フェルト)の一方の面に型紙を写してます。

切る

8.布を切る

型取りした布を、二枚重ねた状態で切り抜きます。

マチ針などで留めて、ズレないようにします。

9.縫う

線を書いている部分(ぬいしろの左側)を、ミシンや手縫いで縫い合わせると完成です。

10.装着

縫い目を内側に折り返して装着します。

耳の穴の部分を少しづつ伸ばして自分サイズに合わせると

男性でも使用していただけます。

少し小さく感じられる場合は、型紙を拡大コピーして調整してください。

この記事に関するお問い合わせ先

太子町健康福祉部いきいき健康課(町立保健センター)
電話:0721-98-5520
ファックス:0721-98-3600
メールを送信する