新型コロナウイルスワクチン接種

更新日:2021年05月10日

町では、3月1日に「新型コロナウイルスワクチン接種事業プロジェクトチーム」を設置し、富田林医師会の協力のもと、医師会管内の4市町村(太子町、富田林市、河南町、千早赤阪村)合同で、新型コロナウイルスワクチン接種の準備を進めています。

接種開始日や、予約方法など、調整中のためお伝えできないことが多くあり、みなさまにはご心配をおかけして申し訳ありませんが、お伝えできる情報はその都度、町広報紙やホームページでお知らせしていきます。

太子町新型コロナワクチンコールセンターが開設されました

新型コロナワクチン接種の手続きなどに関するご相談を受け付けるための、太子町新型コロナワクチン接種コールセンターが、4月1日(木曜日)から開設されました。

開設時間は平日のみ、午前9時~午後5時までとなっています。

電話番号:0721-98-0310 

接種開始時期

高齢者(65歳以上)を対象とした集団接種については、4月23日(金曜日)に接種券(クーポン券)を発送しました。

4月30日(金曜日)になっても接種券が届かない場合は、コールセンター(電話番号:98-0310)までご連絡ください。

接種予約は、5月7日(金曜日)より開始します。予約は電話、または、インターネットで受け付けます。詳しくは、接種券に同封されている案内をご確認ください。

ワクチン接種は、5月16日(日曜日)より開始します。

ただし、5月13日(木曜日)に試行接種を行います。試行接種もご予約頂けますが、様々な状況を確認しながらの接種となるため、中断や待ち時間が長くなることもありますので、ご了承ください。また、接種会場は、PL錬成会館のみとなります。

新型コロナワクチン接種予約(インターネット予約)

今後の接種全体スケジュール
今後の接種全体スケジュール

接種対象

満16歳以上の住民が対象ですが、優先順位をつけて実施します。

ただし、妊婦や子どもが接種の対象となるかどうかなどについては、安全性や有効性などを検証してから可否の決定がされることになります。

当面の間、確保できるワクチンの量に限りがあるため、国が示す優先順位に「応じて、順次接種をすすめていく予定です。

65歳以上人口(概数)

富田林市

35,000人

河南町

5,000人

太子町

4,000人

千早赤阪村

2,500人

注意:65歳以上人口(概数)は、令和3年度中に65歳になる人を含みます。

現時点での優先順位

1.医療従事者など(大阪府が接種実施)

2.高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた人)

3.基礎疾患を有する人

4.高齢者施設等の従事者

5.60歳から64歳の人

6.その他の人

注意:ワクチンの供給量などにより、優先順位は細分化される可能性があります。

接種会場

現時点で、下記の場所での接種を予定しています。

・パーフェクトリバティー教団(PL)錬成(れんせい)会館 (富田林市新堂2172の1)

・すばるホール(富田林市桜ケ丘町2の8)

注意:メイン会場は、パーフェクトリバティー教団(PL) 錬成(れんせい)会館となります。コロナワクチン接種会場図

会場までは、公共交通機関もしくは車でお越しください。なお、町から会場までの送迎バスの運行も予定しています。ルートなど詳しくは、決まり次第お知らせします。

注意:集団接種を実施するにあたり、3密を避けるための広さを確保し、接種者の間隔を保ち、一方通行で移動できる行程で設定しています。また、できるだけ滞在時間を短くするための工夫を検討しています。なお、接種者のみなさまも予診票の事前記入及び接種時の服装など(肩が出しやすい服装)にご協力ください。

接種の流れ

接種の流れ

接種方法

太子町、富田林市、河南町、千早赤阪村と合同で接種を行います。

接種方法は、大きな会場での集団接種となります。

接種回数

ワクチンの接種回数は1人2回です。また、ワクチンの種類は選べません。接種を受ける時に供給されているワクチンを接種することになります。

また、2回目の接種では、1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを接種する必要があります。

太子町では、1日の限られた接種数の中で、1回目の接種を、できるだけ多くのみなさまに1日でも早くして頂きたいとの考えのもとで、予約方法を決定しました。
2回目の予約については、厚生労働省が示す3週間~6週間の間に接種して頂けるよう、1回目の接種会場で2回目の接種のご案内をしますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願します。

接種費用

無料(全額公費負担)となります。

クーポン券(接種券)

1人1枚住民票のある住所に送られてきます。2回の接種をする際に必要になってきますので失くさないように大切に接種当日まで保管してください。

接種の予約はクーポン券が届いてからとなります。

接種当日は、必ず会場にご持参ください。忘れますと接種できませんのでご注意ください。

 

ワクチン接種とは

「ワクチン」とは、病原体(ウイルスや細菌)そのもの、または、病原体を構成する物質などをもとに作られる薬品です。

ワクチンを接種することで。その病原体に対する免疫ができ、発症や重症化を防ぐ効果が期待されます。

ワクチンの副反応とは

ワクチンを接種することで、免疫を獲得すること以外に出てくる反応を「副反応」と言います。

ワクチン接種により、接種部位の痛みや頭痛、倦怠感、筋肉痛などの軽い副反応がみられることがあります。また極めて稀ですが、重い副反応がみられることがあります。重い副反応には「アナフィラキシー」という、薬や食物が身体に入ってから短時間で起きるアレルギー反応があり、じんましんなどの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなど呼吸器症状などが急に起こる場合がです。

参考として、米国でのファイザー社の新型コロナウイルスワクチン接種後に報告されたアナフィラキシーは、100万回あたり5例(1月18日時点)となっています。

なお、接種会場では、接種後の様子を見る場所を設け、万が一アナフィラキシーなどが起こっても、すぐに対応できるよう、医薬品などを準備します。

ワクチンの効果・安全性は

ワクチンの薬事承認にあたっては、有効性や安全性を慎重に審査しています。承認を得たワクチンは、一定以上の効果があることになります。

また、ワクチンの接種が開始されると、副反応を疑う事例を収集し、専門家による評価を行い、こうした結果を公表するなどして、安全性に関する情報が提供されます。

健康被害救済制度とは

ワクチン接種での副反応は極めて稀ではあるものの、完全に避けることができないことから、副反応による重篤な健康被害には救済制度が設けられています。

新型コロナウイルスワクチンの接種についても、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金などの給付)が受けられます。

ワクチン接種には本人同意が必要です

新型コロナウイルスワクチンの接種は強制ではありません。接種を受ける人の同意ある場合に限って接種が行われます。

ワクチン接種による感染症予防の効果と副反応のリスクを理解したうえで、自らの意思で接種を受けて頂きます。受ける人の同意なく接種が行われることはありません。

町では、今後もワクチンに関する最新の情報を、町広報紙やホームページなどを通じて、住民のみなさまにお知らせします。

大阪府新型コロナウイルスワクチンに関する専門相談窓口

医学的知見が必要となる専門的な相談について受付

電話番号 :0570-012-336

24時間開設(土日、祝日を含む)

厚生労働省 新型コロナワクチンコールセンター

施策の在り方に関するご意見等の受付

電話番号: 0120-761770 (フリーダイアル)

午前9時~午後9時まで(土日、祝日開設)

厚生労働省ホームページ 新型コロナワクチンについて

この記事に関するお問い合わせ先

太子町健康福祉部いきいき健康課(町立保健センター)
電話:0721-98-5520
ファックス:0721-98-3600
メールを送信する