大阪府営業時間短縮協力金

更新日:2021年06月08日

大阪府では、新型コロナウイルス感染症の再拡大防止に向けて、営業時間短縮要請に全面的に協力頂ける飲食店などに対し、協力金を支給しています。詳しくは大阪府ホームページをご覧ください。

第4期大阪府営業時間短縮協力金【大阪府内(大阪市内除く)】

対象者(主な給付要件)

(1)大阪府内(大阪市内除く)に営業時間短縮の要請対象施設(店舗)を有すること

●食品衛生法の飲食店営業許可、または、喫茶店営業許可を受けている店舗

飲食店

・飲食店(居酒屋を含む)、喫茶店など

注意:宅配・テイクアウトサービスを除く

遊興施設

・バー、カラオケボックスなど

(2)通常、午後9時~翌午前5時までの夜間時間帯に営業を行う店舗において、令和3年4月1日~4月24日の間、午前5時~午後9時までの間に営業時間を短縮する(休業を含む)とともに、酒類の提供は午後8時半(4月5日以降は午前11時~午後8時半)までとすること

(3)感染拡大予防ガイドラインを遵守しているとともに、店舗において感染防止宣言ステッカーを導入していること

対象期間及び支給額

対象期間:令和3年4月1日(木曜日)~令和3年4月24日(土曜日)

支給額:96万円(1日あたり4万円×24日)

申請方法

パソコン・スマートフォンで、大阪府ホームページで申請書類などの詳細を必ずご確認のうえ、大阪府行政オンラインシステムにアクセスし、ご申請ください。

注意:オンライン申請ができない人は郵送申請がご利用頂けます。

申請受付期間

令和3年5月20日(木曜日)~7月7日(水曜日)

第5期大阪府営業時間短縮協力金

対象者(主な給付要件)

(1)大阪府内に施設の休業、または、営業時間短縮の要請対象施設(店舗)を有すること

●食品衛生法の飲食店営業許可、または、喫茶店営業許可を受けている店舗

飲食店

・飲食店(居酒屋を含む)、喫茶店など

注意:宅配・テイクアウトサービスを除く

遊興施設

・バー、カラオケボックスなど

結婚式場

・結婚式場

(2)通常午後8時を超えて営業する店舗において、酒類の提供(令和3年5月12日からは、利用者が酒類を店内に持ち込む場合を含む)及びカラオケ設備の提供をしないで(通常酒類、または、カラオケ設備の提供をしない場合を含む)、午後8時までの間に営業時間を短縮、または、休業すること

(3)通常午後8時までの営業時間で酒類の提供(令和3年5月12日からは、利用者が酒類を店内に持ち込む場合を含む)、または、カラオケ設備を提供する店舗において、休業すること

(4)感染拡大予防ガイドラインを遵守しているとともに、店舗において感染防止宣言ステッカーを導入していること

対象期間

対象期間:令和3年4月25日(日曜日)~5月31日(月曜日)

注意:令和3年4月25日(日曜日)~5月11日(火曜日)、または、令和3年5月12日(水曜日)~5月31日(月曜日)のみ要請を遵守した場合も対象となります。

支給額

1.中小企業など

「売上高方式」、または、「売上高減少額方式」を選択できます。

2.大企業

「売上高減少額方式」のみとなります。

 

売上高方式
 

飲食部門の1日当たりの売上高

(消費税及び地方消費税を除く)

1日当たり支給単価 支給総額
10万円以下の場合 4万円

4万円×対象期間の日数(最大148万円)

10万円を超える場合

『申請店舗の令和2年、または、令和元年5月の飲食部門の1日当たりの売上高(消費税及び地方消費税を除く)』×0.4=(A)

注意:千円未満切上げ、上限は10万円

(A)×対象期間の日数(最大370万円)

売上高減少額方式
1日当たり支給単価

総支給額

(『申請店舗の令和2年、または、令和元年5月の飲食部門の1日当たりの売上高(消費税及び地方消費税を除く)』から『申請店舗の令和3年5月の飲食部門の1日当たりの売上高(消費税及び地方消費税を除く)を引いた額)×0.4=(B)

注意:千円未満切上げ、上限は20万円

(B)×対象期間の日数

( 最大740万円)

申請方法

パソコン・スマートフォンで、大阪府ホームページで申請書類などの詳細を必ずご確認のうえ、大阪府行政オンラインシステムにアクセスし、ご申請ください。

注意:オンライン申請ができない方は郵送申請がご利用頂けます。

申請受付期間

令和3年6月8日(火曜日)~7月19日(月曜日)

大阪府ホームページ

この記事に関するお問い合わせ先

太子町まちづくり推進部観光産業課
電話:0721-98-5521
ファックス:0721-98-4514
メールを送信する