令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金

更新日:2021年12月23日

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金の概要

令和3年11月19日に閣議決定された「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」の一つとして、子育て世帯の生活を支援するために臨時特別給付金を支給します。

対象者

1.令和3年9月分の児童手当受給者

2.令和3年9月30日時点で高校生など(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)の児童を養育している保護者

3.令和3年10月以降令和4年3月31日までに生まれた児童を養育している児童手当受給者(保護者)

注意:いずれも受給者、または、保護者の所得が児童手当(本則給付)の所得制限限度額を超えている場合は対象外となります。

【参考】児童手当(本則給付)の所得制限限度額

扶養親族の数(カッコ内は例)

所得額 収入額の目安
0人(前年末に児童が生まれていない場合など) 622万円 833.3万円
1人(児童1人の場合など) 660万円 875.6万円
2人(児童1人+年収103万円以下の配偶者の場合など) 698万円 917.8万円
3人(児童2人+年収103万円以下の配偶者の場合など) 736万円 960万円
4人(児童3人+年収103万円以下の配偶者の場合など) 774万円 1002万円
5人(児童4人+年収103万円以下の配偶者の場合など) 812万円 1040万円

 

申請手続

申請不要の人

・対象者1.に該当する人

・対象者2.に該当する保護者のうち、中学生以下のきょうだいが児童手当の受給対象となっている人(同時に振込みします)

・対象者3.のうち、11月30日までに児童手当の申請手続きを行った人

注意:上記の人へ、給付金のお知らせを12月9日に発送しています。

申請が必要な人

(1)高校生のみの児童を養育している保護者

(2)公務員の人(ただし、児童手当(本則給付)受給者のみ)

(3)令和3年10月以降に生まれた児童を養育し、児童手当の申請手続きが12月1日以降になる人

注意:(1)及び(2)の人へ、申請書を12月23日に発送します。

 (3)の人は、児童手当申請時に給付金の申請受付を行います。

給付額

対象児童1人につき 10万円

注意:先行給付金分として、5万円を現金にて支給することとしておりましたが、国において5万円相当のクーポンも現金での給付が可能との方針が示されたことを踏まえ、併せて10万円を一括で支給します。

申請不要の人については、上記お知らせを12月20日に発送しています。

支給日

申請不要の人

12月24日(金曜日)以降、児童手当の受取口座に振込みます。

申請が必要な人

町で申請書類を受付後、審査のうえ、順次振込みます。

初回振込日は、令和4年1月27日(木曜日)を予定しています。

子育て世帯への臨時特別給付金コールセンター

内閣府が特別給付金に関するお問い合わせに対応するため、コールセンターを設置しています。

電話番号:0120-526-145

受付時間:午前9時~午後8時まで(土日祝を含む、12月29日から1月3日は休み)

「子育て世帯への臨時特別給付金」を装った詐欺にご注意ください

「振込め詐欺」や「個人情報の詐欺」にご注意ください。

太子町から住民の人に、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込みを求めることは絶対にありません。

振り込み詐欺などが疑われる場合

不審な電話がかかってきた場合には、迷わず富田林警察(電話番号:0721-25-1234)にご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

太子町健康福祉部子育て支援課
電話:0721-98-5596
ファックス:0721-98-2773
メールを送信する